• voice01

    現場監督のスキルの平準化・
    レベルアップに

    大賀建設株式会社様

    [年間棟数] 500棟
    建築推進部 荒井様
  • 埼玉に本社を構える<大賀建設株式会社様>は、「すべては一人のお客様のために」を理念に掲げ、お客様の夢やライフスタイルに寄り添った理想の住まいづくりをサポートされています。キズクリリース当初から導入を決定し、ご活用いただいています。今回は、キズクを導入したきっかけや、導入後の成果について伺いました。

  • キズク導入のきっかけ・決め手

    “現場の管理だけでなく、進捗把握の面でも時間を有効に使える”

    ───キズクを知ったきっかけは何ですか?

    荒井 前任者が数年前の展示会でコムテックスが提供されている別システムに興味を思ったのが最初のきっかけです。当時から会社で現場管理に使える仕組みはないかと探していました。
    キズクを導入するまで、他に現場管理の仕組みは全く使ったことがなかったので、手探り状態だったのですが、いろいろとご提案いただく中でシステムを活用した現場管理のイメージを膨らませていきました。

  • ───最終的に「決め手」になった部分はどこでしょうか?

    荒井 決め手になったのは2つあって。1つ目はキズクのトーク機能です。トーク機能を使えば、やりたかった現場管理だけでなく、進捗把握の部分で時間を有効に使えると思いました。現場の写真をスマホで撮って、そのまま送信できるのは、操作も簡単で使い勝手が良さそうだと感じました。
    もうひとつは月々の利用料です。実はキズクに決めるまでに、他のシステムとも比較検討させていただいていたのですが、キズクは適正な価格でやってみたいと思いました。

    トーク機能による現場管理・進捗把握
  • ───現場管理として求められていた部分はどこでしょうか?

    荒井 現場写真の管理を簡便に行いたいと考えていました。他のシステムと比較する際にも、現場写真の登録に関わる部分はチェックしていました。
    また、写真管理の延長として、今回のキズク導入を機に、今までできていなかった報告書作成についても始めてみようと決めていました。「やってみないとわからない」と正直不安に感じていましたが、キズクはスマートフォンでも報告書作成ができ、現場で完結できるので効率が良く、運用していきやすそうだと思いました。

  • キズク導入・運用に対する工夫

    “最低限のルールだけを設け、基本は現場の自主性を尊重する”

    ───導入の際に工夫されていた部分はありますか?

    荒井 キズクはPC・スマートフォンで利用できますが、ガラケー利用者が3分の1を占めている支店もあるので、ガラケー利用者への対応については現在進行形でいろいろと模索しています。運用方法を適宜見直していて、スマートフォンを持っていない大工さんについては、従来通り図面を紙に印刷して配布しています。
    システム導入は業務を便利にするのが目的なので、大工さんたちには無理強いせず、スマートフォンを持ち始めるなどのタイミングを伺いながら浸透を進めていければ良いなと考えています。

  • ───なるほど。では、運用を進めるにあたって工夫されている点はありますか?

    荒井 導入時の例と同じく、本部からキズクの利用を一方的に強制しないようにしています。というのも、キズクは現場監督のやる気次第で利用方法がかなり変わってくるので、現場をまとめる現場監督や工事課長のやり方・考え方を尊重する方が結果的に運用の継続につながると考えているからです。
    キズク活用に積極的な工事課長のいる支店では、最新図面のやりとりの流れが定着化してきている例もあり、本部としても良い事例が見えてきて嬉しく思います。

  • 導入後の効果や改善された点

    “連絡作業の時間が短縮でき、現場監督の段取り力が向上した”

    ───実際に導入いただいて効果や改善された点はありましたか?

    荒井 「トーク機能」の活用で段取りが良くなりました。実際に足を運ばなければわかりえなかった現場の状況をトーク経由で関係者全員と共有することができるので、連絡に割いていた時間が随分と短縮できています。
    うまく浸透できるか不安に感じていた報告書作成についても、作成できるようになりました。
    スマートフォンやアプリに慣れている若い現場監督が特に喜んで使っていることもあってか、現場監督全体のスキルの平準化・レベルアップを実感しています。