情報技術の発展は、人の営みを助け、質の高い生活を提供してきました。私たちコムテックスは、コミュニケーション能力の最大化を目的とした仕組みやサービスを社会に提供することで、より豊かな人間社会の形成を支援します。まずは建築業界からチャレンジし新分野へと、社会が求める仕組みとサービスを自ら探求し、高い技術力と想像力で実現し、常にNo,1を目指します。富山から全国、そして世界へ。次世代のコムテックスを創る、未来のニーズを創るチャレンジを待っています。

    • NO.1でなければ生き残れない。厳しいですが、NO.1であり続けることがやりがいであり、クライアントからの信頼です。建築現場でのコミュニケーション能力の最大化を目的とする、アットホームダイアリーは業界NO.1の実績(当社調べ)をあげています。コムテックスは、今後も建築業界での様々な仕組みサービスでのNO.1をめざします。さらに、社会のニーズを読みとり、その他の業界でのNO.1となる仕組みを創造し続けたいと考えます。



    • 富山に居ながら全国と繋がる。そして世界へと繋がる。わがままかもしれませんが、コムテックスはそんな働き方をめざします。富山の豊かな生活環境が、創造力の源となり、仕事と生活の質を高める好循環を生むと考えています。一方で都市が提供する情報や刺激もニーズや、商品開発のヒントです。コムテックスは、地方都市富山を生産の拠点ととらえながらも、全国や世界と繋がることで新鮮で質の高い商品を発信し続けます。



    • 元請けだからできることがあります。お客様と一緒に考え、生まれる商品があります。直接話をし、困っていることに一つひとつ丁寧に応える。これがものづくりの原点です。商品提供後も、導入サポートなどを通じ、お客様との太く長い付き合いが続きます。この信頼関係を実現するのが元請け主義です。コムテックスはほぼ100%元請けで、取引先は一部上場企業が大半です。コムテックスは信頼も商品だと考えます。



    • 家族や親しい人と過ごすなどの余暇時間ある豊かな人間生活は、質の高い技術提供の為に特に大事と考えます。目標は19時には家族そろって食事ができること。そのためにも業務中は集中して仕事に取り組み、メリハリのある人生をめざします。適正な仕事量、高い成果と適正な利益を求め、利益を社員に還元するという好循環をめざしています。